ロゴ
HOME>Utility>出張などで住まいを空けるならリロケーションで賢く運用

出張などで住まいを空けるならリロケーションで賢く運用

模型

長期間留守にするなら有効活用しよう

転勤や海外赴任など、マイホームを入手した後で、一定期間そこを離れなければならないケースも少なくありません。ただ空き家にしておくのはもったいないと思ったときにオススメなのが、リロケーションという方法です。自宅を空けている期間のみ賃貸に出せる、今注目の貸家システムとなっています。賃貸期間が終了すれば、もちろん自分たちが再度暮らすことができます。

リロケーションとサブリースの違い

空き家期間を有効活用できるリロケーション

住宅を一定期間空けなければならないときに、その期間のみ賃貸物件として貸し出せる仕組みをリロケーションと言います。自分たちの住まいを心配することなく、空き家期間を有効活用することができます。

長期間貸し出すケースも多いサブリース

サブリースでは、不動産会社が空き家を借り、それをまた別の誰かに貸し出すことで利益を生み出します。契約は長期間になるケースが多く、家が必要となったタイミングでそこに住めるとは限りません。とはいえ不動産会社が間に入ることで、得られる収益は安定しやすいでしょう。

物件を所有していない人でも始められる不動産投資

物件を所有していない人でも不動産投資を始められるサービスとして評判なのが、「みんなで大家さん」です。さまざまな特徴で、初心者にも取り組みやすい内容となっています。

みんなで大家さんの特徴

部屋

一口100万円から出資が可能

不動産投資をスタートするためには多額の費用が必要ですが、みんなで資金を出し合う「みんなで大家さん」なら、一口あたり100万円から出資が可能です。初心者にも取り組みやすいと評判です。

高利回りを期待できる

みんなで大家さんの過去の運用実績は、非常に好調です。分配金の年率は5〜7.5%をキープしており、ちょっとしたお小遣い稼ぎ感覚で出資を決める方も少なくありません。

多種多様な投資先

みんなで大家さんをチェックしてみると、多種多様な投資先を用意していることがわかります。テーマパークやホテル、各種商業ビルなども含んでいて、幅広い投資に対応しています。

安定性が高い

みんなで大家さんの過去の実績をチェックしてみると、極めて安定性が高い運用を行ってきたことがわかります。今後不動産投資をスタートしてみたいと思っている方にとっても、嬉しい情報と言えるでしょう。